SHINSHU Jazz



「信州の風景」にこだわった音楽を発信するプロジェクト【信州ジャズ】


その美郷への感動が、目いっぱいに広がる、雄大なメロディとサウンド。

長野生まれの日本唱歌「ふるさと」「しゃぼん玉」「早春賦」「おぼろ月夜」「木曽節」「春が来た」なども取り上げ、当時の風景をふたたび現代の感覚で、斬新なジャズにアレンジ。

長野県・安曇野に在住のピアニスト・伊佐津さゆりは、生まれ育った故郷を「音」で描き続けています。その彼女のオリジナル楽曲は、親しみやすく、心に染み入ります。 まさに【信州ジャズ】と呼ぶにふさわしい新しい音楽が、日本のふるさとに誕生しました。

平井景が全面プロデューサー&ドラマー、また、音楽ライターの島田奈央子が副プロデューサーを担当。

2012年、CD『Field / Sayuri Isatsu』をBright Sun's Recordからリリース。 日本を代表するミュージシャンとレコーディング・スタッフにより、現地・安曇野にてレコーディングを敢行。他のジャズアルバムとは一線を画す、臨場感あふれる極上のサウンドは、幅広い層に高い評価を得ています。

ライブでの演奏も精力的に展開。2013年4月には、長野・善光寺でのコンサートを成功させ、NHK長野のテレビ番組にも生出演するなど、地元でも「新しい信州の宝」として支持を得ています。 こうした動きを支えに、独特の日本の香りを持った「信州ジャズ」は、世界中で受け入れられる文化に発展するだろうと信じています。

「風景が広がる音楽」って、こういうことか ────。 ライブを観に来られた方は、透明感あふれる壮大なサウンドと、圧巻の熱いライブ・パフォーマンスに、とても驚かれています。




<信州ジャズの魅力>

1度聴いたらその魅力にとりつかれるように、また聴きたくなる。
初めて伊佐津さゆりさんの音楽を聴いた時から、それがずっと今も続いています。

“風景を音にする”ってとても抽象的で、掴みにくいものですが、 伊佐津さんの作るメロディは、どこをどう切り取っても、自然をモチーフにして生まれたものとしか思えない。 それらの曲を、自分の中にある郷愁感に置き換えて、感動したり、熱くなったりしているんだと思います。

信州ジャズの魅力は、ライブのダイナミックさにもあります。
うっとりさせる美しい旋律のバラード曲をたっぷりと情感込めて演奏したり、 唱歌を4ビートのジャズ曲にアレンジして、小粋で楽しい雰囲気にしたり、 フルートとドラムが熱く激しく掛け合う、ファンクのような演奏もあります。
またジャズならではのソロパートでは、メンバーそれぞれが毎回違うアプローチで、楽しませてくれます。

ライブがないかな、新譜が出ないかな、と傍でスタッフの1人として関わらせて戴きながらも、 いつも待ちわびている自分がいます。ファンなんでしょうね、きっと。

この純粋な気持ちのままで、信州ジャズをできるだけ沢山の方に伝えていきたいと思っています。

<音楽ライター・島田奈央子>

島田奈央子 Naoko Shimada


音楽ライターとして「ジャズ・ジャパン」、「CDジャーナル」などで、ジャズを中心にレビューやインタビュー記事を執筆するほか、CDのライナーノーツを数多く手掛ける。 またクラブDJとしても都内各所のイベントに参加し、ジャズ、ボサノヴァなどを中心に活動。 さらに自らプロデュースするジャズ・イベント「Something Jazzy」を開催しながら、新しいジャズの聴き方や楽しみ方を提案。
2010年には著書「Something Jazzy女子のための新しいジャズ・ガイド」(駒草出版)発行し、女子ジャズブームの火付け役として注目を集める。 その後も、第2弾著書「Something Jazzy 女子ジャズスタイルブック」(中央公論社)の発刊、各レコード会社から コンピレーションCDの監修、選曲を担当し、またプロデュースも務める。